40代で新しく始めた仕事で適応・睡眠障害になるの8ページ目です。
最初からお読みになる場合はこちら。

046_適応障害_08
続きはこちらです。


業務①があるから来いと急に呼び出されて行ってみれば、案の定業務①はなし。

一睡もしてないのでクッタクタで眠りについたら、また一睡もできず。
発狂してお気に入りのシルクキャップを枕に叩きつける。

危機感を感じ、慌てて過去にもらった処方箋を探す始末。
見つかりませんでしたが、もしあったとしても期限切れで使えないんですよね。
でもとにかく必死でした。

以前薬の処方箋を薬局に持っていかなかったのは、睡眠薬に抵抗があったから。
一度も飲んだことがなかったし、依存性が不安で薬を受け取りさえしなかった。
一生飲み続けないといけないんじゃないだろうかとか、不安だったのです。

しかし、さすがに一睡もできないのが二日続くと焦って必死に捜索。
もう、依存性とかどーでもいいから、とにかく眠らせてくれ。

シリーズ漫画

新車購入女性の薄毛アラフィフあるある